2017年08月28日

2017年度 受精着床学会

 こんにちは、培養室です。
2017年7月20日(木)、21日(金)に開催された「受精着床学会」に参加しました。
会場は、新潟県の「米子コンベンションセンターBiG SHiP」です。
IMG_20170721_141934.jpg
IMG_20170719_183014.jpg
 今回の大会の様々な発表の中でも、特に母体や卵子の老化についての検討が多いように感じました。
既に、加齢が卵子の質を低下させ、結果的に妊娠率を低下させることは報告されています。
そのため、現在、加齢が卵子に与える影響についての検討が世界中で行われています。
今回は、それらの発表について触れていこうと思います。
 まず、ヒトの老化モデル動物として加齢したマウスを使用した実験で、加齢が生殖能力に及ぼす影響について
検討した発表がありました。この発表では、加齢マウスの胎仔の産出率は、若齢マウスと比較して低下する傾向にあることを示しました。その原因として、老化した卵子は、活性酸素種(ROS)などに対するストレスの影響を受けやすいためとしていました。また、老化の影響は卵子だけでなく、卵巣にも及んでいることが明らかにされました。
 このように、老化に対して様々なことが明らかにされており、老化に対する抑制法や改善法などの模索もされています。現在は、未だ効果的な抑制法や改善法は報告されていません。今後の検討に期待が集まっています。
posted by kl at 14:46| Comment(0) | 日記