2018年01月15日

第62回 日本生殖医学会学術講演会

 こんにちは、培養室です。今回は、2017年11月16日〜17日に開催された、第62回日本生殖医学会学術講演会に参加しました。会場は、山口県下関市の「海峡メッセ」と「ドリームシップ」の二か所に分けて開催されました。今大会のテーマは、「生殖医療の潮流を読み解き、幸多き未来へ」です。
 今回、様々な発表や公演、企業展示などを通じて、ARTに対する新たな技術の開発や導入に重点が置かれ始めているように感じました。
 ARTにおいて凍結技術(胚や精子)は、もはや無くてはならない技術の一つです。例えば胚の凍結を行う場合、培養士が胚を一つ一つ丁寧に凍結します。そのため、多数の胚を凍結保存する場合、時間が必要となります。また、凍結技術を習得していない者は技術習得に費やす時間も必要になります。そこで、メルクセノール社が全自動で胚の凍結を行う機械を作成し、発表を行っていました。この機械では、一度に多数の胚を凍結することが可能であり、凍結にかかる時間を短縮することが出来るとしていました。実際に臨床で使用した結果、培養士の凍結技術と差は見られない結果となりました。この発表に対して、確かに機械による胚凍結は素晴らしい技術だと思います。しかし、不意なアクシデントが起こったとき、それに対処できないことを考えると臨床応用には時期尚早のように感じました。
 また現在、受精卵の発生を動画で観察する技術(タイムラプス)をARTに応用しています。今大会の公演では、更に卵子や胚の細胞内変化を、細胞に影響を与えず観察することについて検討されていました。細胞内変化を観察する方法として、細胞に目的の蛍光タンパク質(特定の波長の光を照射することで光るタンパク質)を作らせることで、実際に確認する方法があります(ライブセルイメージング法)。しかし、この技術は、細胞に人為的に目的のタンパク質を作らせる必要があります。また、特定の光を照射することによる細胞への影響も考慮しなければなりません。上記のことから、ARTへの応用は不可能とされていました。
 そこで、細胞に対して非常に影響の少ない方法で細胞内変化の動きを観察する技術の確立を目指した報告がありました。現在は、企業と提携して研究を行っている段階であり、詳細な内容は発表されませんでした。この技術が確立すれば、例えば、染色体の形や数、動き方などを顕微鏡で実際に観察することができ、胚の選択にも応用できる可能性も示していました。
 日々、ARTは進歩しています。その中でも、ARTで使用する技術の進歩は劇的であり、素晴らしいことでもあります。しかし、どんな技術でも欠点はあり慎重に考えることでもあると、今大会を通して感じました。
posted by kl at 12:50| Comment(0) | 日記