2018年08月24日

第36回 日本受精着床学会

こんにちは、培養室です。

今回は、2018年7月26日、27日に幕張で開催されました、「第36回 日本受精着床学会 学術総会」に医師と培養士とで参加してきました。

 災害レベルといわれる蒸し暑い日でしたが、年々培養士が増えることによって、他院の培養士さんとの情報交換がより盛んになり、尚且つ講演も興味深いものも多かったため、時間がいくらあっても足りないと感じるくらい、とても有意義な時間をすごせました。

 その中でも、今回私が興味を持ったものは、「環境ホルモンと生殖・次世代への影響」という講演でした。

 近年、便利な生活になった一方、内分泌攪乱物質(環境ホルモン)を含む多彩な化学物質が生活のいたるところに存在しています。
 環境ホルモン作用を持つポリ塩化ビフェニル(PCBs)は絶縁体、熱媒体として多様な物に使用されていますが、残留性、生物蓄積性などから、製造、輸入、使用が禁止されているようです。
 しかし、今も私たち全員の血液から検出されています。

 私たちはPCBsを9割以上食事由来から摂取していますが、臍帯からも検出されるため、胎児へ母子間移行が行われたり、母乳によっても、子へ暴露されることが知られています。

 環境要因由来により、アレルギー・喘息の増加、脳神経発達異常の増加、小児肥満などがいわれており、このことが直接、不妊治療とは関係がないように感じられますが、その他にも、男性の精子濃度が低下、男女ともに思春期早期化などが起き、男性は、精巣が従来より早く重くなるため、ピークが早く、そして早めに低下(40代位、従来は60〜70歳代)してきています。これは、精巣の成熟と衰退が早まっていることを示唆する結果だといえると思います。
 
 その他にも、複合影響として、3世代まで影響が残ってしまうものや3世代目で影響が出始めるものなど、があるようです。
 
 今回のこの発表は母乳より人工ミルクを推奨しているというものではなく、母乳には栄養が豊富なため、いいこともあるが、このようにデメリットもないわけではない、という位の捕らえ方で良いとの事でしたので、付け加えさせてもらいます。

 私たちは、当たり前のように化学物質であふれた生活を送っていますが、今年の異常なまでの暑さも踏まえ、環境について一人ひとりがもう一度、何ができるか考えてみることが今必要とされていると、感じられました。
posted by kl at 16:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: